久しぶりに名古屋駅にショッピングに出かけた。

夫は、金曜日にオープンしたばかりのエイデン、私はエスカにあるユニクロを見に行った。想像を超えてはるかに狭かった。今までいったユニクロの中で一番小さい、っていうか鈴鹿店の1/50くらいの大きさだった。

そのあと高島屋のクリスマス・デコを見てちょっとうっとり。ホワイトカラーでファンタジーの世界へ。ベアーもとっても可愛かった。

テルミナ,メイチカ ,サンロードを抜けて、MIDLAND SQUAREへ。名駅にトヨタのビルが出来たと話はきいていたけれど、こんな目の前にあったのか?って感じでした。

地下のフロアーは、バンクーバー、ダウンタウンのUrban Fareを感じさせる雰囲気があり、洗練された感じでした。同、フロアーの通路の幅も、名古屋の一等地にしては考えられないほどスペイシャス。

レクサスの展示場には、赤のガスタービン・ハイブリッドカーも特別に展示中。

そして、一番、目を惹いたのはミッドランドスクエアーのクリスマスのカタログの表紙にもなっている、ロシア最後の皇帝ニコライ二世の大燭台(復刻版)。とても、とってもキラキラしたガラスの彫刻のような、流れ星を思わせるシャンデリアでした。

DEAN & DELUCA は、食材のセレクションが素晴らしい。ただ、バンクーバーで買える食材と比べると、値段的にはやっぱりちょっと高め。イタリアのお菓子、生ハム、プロシュート、サラミやチーズ等は、名古屋ポートのイタリアンビレッジの方がセレクションが本格的な気がした。私は、個人的に赤のホリデーサーモタンブラーがとても気に入った。それと、私たちの結婚式にも出された、(カラーリングされた)アーモンドやパネトーネ、イタリアン・クリスマスクッキーをみていたら、夫の母の手作りのクッキーを思い出し、ホームシックが再発。

FORTNUM & MASONはTEA専門店で、本格的なアフタヌーン・ティーができます。夫はイギリスの影響も受けて育っているので、本来はコーヒーより紅茶の方が好きなよう。

アフタヌーンティーの思いでと言えば、数年前、ビクトリアで初めてアフタヌーンティーを体験。そこで飲んだ紅茶は、今思い出しても本当に味も香りも上品だった。ちょっとその気になったのだが、なぜかその専門店の全てが女性客だったので、夫が嫌がり、次回にということでやめておいた。(笑)

そのあと、夜はJRセントラルタワーズでクリスマスイルミ「タワーズライツ」を見ました。ビル東壁面に、縦22メートル、横43メートルにLEDで「光のお城」をかたどった電飾が、時間とともに「満天の星空」「月の満ち欠け」「サーチライト」「花火」「雪の結晶」など絵柄や色が、音楽と共に変化する演出となっていました。

名古屋も知らないうちに、随分お洒落になったものです。超ご機嫌な気分で、家に帰っていきました。