さて、翌日、『山田電機』へレシートと開けてしまったパーッケージを持っていった。

レジのところで販売員さんと話したら、昨日電話で対応してくれた店員さんは、”ほかのお客様に対応中で今ちょっと手が離せない。。。”とのこと。仕方がないので、その定員さんに昨日の電話でのいきさつをおそるおそる?説明をしたら、BUFFALOの商品ならオッケーです。と快く受け入れてくれた。ああ、さすが大型家電はすごいって思った!

アメリカ、カナダの場合だと、デパートやドラックストア等で購入した商品の場合、パッケージを開けた状態であったとしても、商品自体に傷等のダメージがない場合は、レシートとレシートに書いてある交換、返金可能期限(1~2週間以内)だったら返金又は、別の商品と交換してくれるのは当たり前のことなので、向こうで暮らしてた時は、返品とか交換とかについて深く気にしたこともなかったけれど、日本の常識が分からなくなってしまっていたので、正直、かなり不安だった。

それゆえ、山田電機の対応は私の心を”ほっ”とさせてくれた一瞬だった。

さて、その後は、前々から?目をつけておいたワイヤレスルーター(USB WIRELESS LAN付き) の商品を購入し、いざ我が家へ。

ルーター自体のセットアップと、ノート3台、全てをインターネットにつなげるには少し時間がかかったけれど、これでやっとまた、もとの平和な生活が始まった。 普通にインターネットが出来ることが本当に嬉しかった。ワイヤーが部屋の至る所まで伸びていないない、人間らしい暮らしができる!そして、その後、我が家にいつもの平和がもどった。