それは週末のある日、いつものよう地下鉄でチケットを買おうとチケット売り場にいった。

お金を入れようとした瞬間、左手の手元にユリカのカードに気づいた。

夫が何も言わずに、それで二人分の切符を買え?っていう意味でそこにさっとしのばせたのか?としか思えなかったので、「そんなのハッキリ言ってくれないと分からないじゃない!」っていう不機嫌な態度でそれを手にした。

でも、それは夫のユリカではなかった。

あれ???

それは、なんと、一日乗り放題の切符だった。
誰かが持って帰らずに、捨てずに、わざわざチケット売り場に置いていったものだ。

こんな、嬉しいビックリ!ってあるんだー?と感動した。チケットを自分で買っても大した金額ではないので、それ自体はあまり意味がなかったが、その心遣いっていうか、サンタさんみたいな人がいること自体に感動した。

しかも、タイミングが30秒でもずれていたら、そのギフトが私に渡されることもなかったであろうに。

ほんとに、YOU MADE MY DAY!っていうやつでした。

いい輪は続けたいものだ。

私も、帰る時、その人が私にしてくれたように、そのユリカのカードを、チケット売り場にそっと置いてきた。

なんか、ちょっと気分のいい一日となりました!

Technorati , , ,