この家族には、不思議な伝統?があります。

守ろうとして、守った訳ではないのですが、、、。

まず、曾おじいさんが19世紀末にカナダに渡って以来、なぜかこの伊藤家では、世代ごとに同じことが起こり続けています。それは、世代ごとに生まれた長子が、本来なら長男/長女として実家の跡取りをする運命にありながら、なぜか誰一人と後を継くことのないまま、いろんな状況の元で、なぜかみんな、一人で『渡加』してしまうのです。そして、私もその一人、4代目にカナダに渡ってしまった者でございます。

歴史をちょっとだけ、100年以上さか上ってみると、こんな感じです。

1代目 曾おじいさん
(愛知県出身、農家の地主の家に長男として生まれる。ギャンブルが大好きで、莫大な借金を作り、国内で指名手配され?カナダへ密航。カナダに渡ってからも、ハイリスク、ハイリターン的な生き方をした。バンクーバーでは漁をして生活。嵐になると一人だけ海に飛び出していき、日本から呼び寄せた曾おばあさんの心配をよそに、必ず、大量で帰ってきた、かなりやり手の猟師だったたしい。1964年、アルバーター州で妻と共に永眠)

2代目 祖父
(愛知県出身、曾おじいさんが日本へ一時帰国した際に、渡加を決意する。数年後、カナダで祖母と結婚。バンクーバー郊外で、祖母や祖母の親族と共に、ストロベリー農場を経営。第二次世界大戦中、他の日系カナダ人同様、カナダ政府から、財産や土地を没収さ、収容キャンプへ送られる。戦後、家族と共に日本に強制送還される。何もない戦後、食料もままならないまま、兄弟の助けを借りて、新地で土地を開拓し農業を営んでいく。6人の息子と妻を残して、三重県で永眠)

3台目 叔父
(カナダ生まれ、強制送還で家族と共に日本へ渡る。英語を教えながら、日本語の読み書きも勉強し、中学卒業後、四日市港にある船舶会社で通訳として働く。その後、カナダ政府が日系人の帰国を受け入れ始めた頃、一人でカナダに戻り、通信の技術を身につける。日本からお嫁さんをもらい、その後、アルバーター州で通訳として働き、他界後15年以上たった今でも”右にかなう人がいない”と言われるほどの優れた通訳として語り続けられている。アルバータ州で永眠。)

4代目 私。
(三重県出身。祖母の口癖を聞きながら、子供ながらに大人になったらカナダに行くことを強く決意。父との約束で、18歳の夏に初めて従妹と一緒にカナダ旅行をする。未知の世界があることに強い印象を受ける。24歳の夏に、今度は自分のお金で10日間という短期なカナダ旅行をする。その際、カルガリーの叔母からワーキングホリデーのことを聞き、1年でお金を貯めて、1989年25歳の夏、当時、猛反対だった父(日系カナダ人)を押し切って、カナダは、叔父夫婦のいるエドモントンへ。本当に、たった一年のつもりで、、、。

その滞在の中で、世界のいろんな文化を学ぶ経験ができた。一年では短すぎで、自分が納得できるまで、カナダにいたいと思い、いろんなビザを得て、カナダへ戻る。最終的には、「REDRESS」という運動(日系カナダ人がカナダ政府に対して起こした人権略奪に対する補償問題)の勝利を通してその結果、私は1994年にカナダの国籍を与えられた。

その後、バンクーバーへ移動。40歳を目の前にして、何年も勤めていた会社に急に解雇され、人生の振り出しに戻る。この先どうやって一人で生計を立てていこうか?と進む方向が見えなくなった私を励ましてくれたのが、今の旦那さま。それから数年後、去年の夏にバンクーバーで結婚する。

それからは、まさか、まさかの連続。

カナダで生涯を過ごすことを決めてた私が、なぜかカナダ人の夫について今年の春から日本での生活が始まる。

私は、曾おじいさんのようにカナダで永眠するのか?それとも祖父の様に日本で永眠するのか?人生波乱万丈で、将来のことは全く分からない。でも、だからこそ、とてもエキサイトしています。

そういうこと、全てひっくるめてブログで語っていきたいと思っています。

HAPPY BIRTHDAY TO ME!

Technorati , , , , ,, ,,,